2017年07月14日

2017年7月14日(金曜日)「今日は何の日」かな 新潟自立の講演会願います。夜は、歴史秘話ヒストリア「戦国一華麗な敗者復活戦〜今川プリンスと妻の二人三脚〜」を見て、今川家を願いたいと思います

2017年7月14日(金曜日)「今日は何の日」かな 新潟自立の講演会願います。夜は、歴史秘話ヒストリア「戦国一華麗な敗者復活戦〜今川プリンスと妻の二人三脚〜」を見て、今川家を願いたいと思います
◎おはようございます(お楽しみ様です)
皆さん、お楽しみ様です
今日も、タラバ(音声会議システム)君のおかげ様で
金沢済度に、大阪から参加できました
皆の発表、済度の先生の晢法も聞けました
その後の独自のはなむけ済度も
平常業務済度もできました
感謝です

また、今日は、新潟では16時から
新潟講演会が行われますが
済度の先生はいるけど
話さない
見て貰うだけの自立の講演会で
行われます

ただ、それは、何回か
いろんなところでやろうとしましたが
聞きに来る人達は
済度の先生の話が聞きたい訳で
なかなか実現しませんでした
先生に話して貰わないと
いけない状態になるのです

はっきり言って、済度人にとっては
講演会を自立するのは
至難の業なんです

でも、新潟の善友たちは
見事に自分達の発表でやってくれると
俺は信じています
大阪、新潟講演会願いたいと思います

それと、今日、金曜日の午後8時00分〜 午後8時43分からは
歴史秘話ヒストリア「戦国一華麗な敗者復活戦〜
今川プリンスと妻の二人三脚〜」あります。

これは、簡単に説明しますと
桶狭間の戦いで、わずか、二千の織田信長の軍の奇襲を受けて、
大軍で攻めていた海道一の弓取りと言われていた今川義元は
あっけなく、討たれてしまいますが
その後を継いだ今川氏真は、愚かな武将と言われています。

それで、織田信長に対する敵討ちもできず
家臣だった徳川家康からは、離反されて
三河を失い
遠江、駿河も危うくなって
最後は、三国同盟を結んでいた武田信玄と
その子で、俺の前世でもある武田勝頼親子が率いる武田軍と
同盟を結んだ徳川軍に攻め込まれ
殆ど抵抗する事なく
名門、戦国大名の今川家は滅亡したのです

しかし、戦国大名としての今川家は滅亡しましたが
名門今川家は滅亡した訳ではありません。

当主の氏真は、戦でも生き残り、各地を流転して苦労していますが
徳川家、北条家、京都、織田信長などの
庇護を受けて、今川家を復興させようとしましたし
妻である早川殿も、実家の北条家に戻らず、
最後まで、氏真を支えたそうです
夫婦仲は、非常に良かったそうなんです

しかも、氏真と早川殿は、見事に、名門今川家を復活させました
江戸幕府に、、儀礼を司る役職で、いわゆる名門しか任じられることはない
高家として扱われているのです

なので、俺は、今川氏真の生き方は、
戦国武将としては、もう一つでも
和歌・連歌・蹴鞠などの技芸に通じた文化人としての生き方は
素晴らしいと思いますし
前世、大きく関わった武田勝頼としても
ホッとしています

なので、今日の歴史ヒストリアの番組
しっかり見て
滅亡させた武田家としてではなく
同じ偉大な父を持ったものとして
できたら見させて頂いて
今川家には懺悔して
済度させて頂きたいと思います



今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」で、注目の今川義元と氏真親子。義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれると今川家はすぐ滅んだと思われがちですが…、息子・氏真は激動の戦国をしたたかに生き抜き天寿を全う。一族は江戸幕府で確固たる地位を得て、明治に至るまで250年以上、家を存続させます。妻・早川殿との二人三脚で、あの手この手で信長、家康といった天下人の支持をつかんでいく、戦国夫婦のサクセス物語です!



◎ 毎年の済度
2016年7月 日の済度

2015年7月 日の済度

2014年7月 日の済度

2013年7月 日の済度


◎俺の独自の済度
(真朝3時45分からの金沢済度をタラバ君で聞いた後
俺独自の済度をさせて頂いています。
5時前後から6時半前後までさせて頂いています)

1、5 0分間 那由他桁有縁霊に誓通力届けます
(岩谷家のご先祖様から始まって
那由他桁のいろんな有縁霊をイメージして
誓通力を届けます)
2 済度のチェック表を元に、済度します
3、済度の先生に御挨拶
4、先生を意識して、写真と晢晶からエネルギーを貰い
手首と首をぶらぶら運動と、今日の済度の宣誓(先生)
5、俺の発表
6、今日は、何の日済度


縁の花第364号「皆さんも、弥勒菩薩として今日は何の日済度しませんか」
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohana350/364ennohana.html

縁の花第365号「今日は何の日済度に関心ある人は連絡下さい」
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohana350/365ennohana.html

縁の花第366号「今日は何の日済度は、おもろいです」
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohana350/366ennohana.html

縁の花第367号「歴史済度で、御霊達を供養させて頂きましょう」
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohana350/367ennohana.html

◎金沢済度
(真朝の3時20分から5時前後までやります)
(午前10時半から12時前後までやります)


(重要)
俺は、金沢済度に参加しない時も
大阪の泉大津市の自宅で
タラバ君で、毎日、聞いています
それを、ボイスレーコダーで
録音しています

もし、自分も、聞いてみたいという人は
どなたでも結構です
ご連絡下さい
今の時代は、携帯のかけ放題という便利な世の中になっています
皆さんの携帯電話から聞いて頂いてもいいと思います

(一緒に聞いて、済度したいと思います)
キクのメール番号
ennohana750kikusaidosakaeru@yahoo.co.jp



○今日は何の日慰霊歴史済度※
今日も、歴史済度させて頂きました
「今日は何の日手帳」に書いている
記念日、歴史項目
誕生日、忌日を
誓通力を唱えながら
特別晢晶(済度の先生の姿が入っている)
を当てて
那由他桁の有縁霊と一体で
願わせて頂きました
きっと、誓通力届いて
関係している有縁霊大喜びだと思います



△キク(菊、聞く、効く、利く)の今日の志願
縁の花、自宅済度
1、金沢の済度の善友の発表、済度の先生の晢法真剣に聞かせて頂きます
2、那由他桁の御霊達と一体で、今日は何の日のブログ更新します
3、那由他桁の御霊達と一体で、縁の花を書いていきます
4、自宅済度
(両親の元に、夕飯を食べる時は5時から
帰らない時は、6時から
テレビは一切つけずに、那由他桁有縁霊を意識して
食事、お風呂に入ったり、済度をしたりと、済度します)

※、昨日も、志願を順調に済度させて頂きました
感謝です

泉州・河内お仕事済度
1、那由他桁の御霊達と一体で、今日は何の日ブログ更新します
2、自転車済度(済度の先生として、自転車で、1時間程度出勤しています
憧れ言葉を、カウンターで、500カウント唱えています)
3、泉州、河内お仕事済度します
(仕事を通して、大阪の泉州、河内地方
全域にエネルギーを届けます)
4、黒鳥山済度します
(黒鳥山公園の場で、那由他桁の御霊を済度します)
5、自宅帰宅済度
(7時前に帰ったら、寝る9時半までの間済度します)
テレビは一切つけないで、那由他桁有縁霊を意識して
済度のチェック表をつけながら
一 本や霊言を読む
ニ 済度の導引
三 済度の祈り、
四 晢晶と語る
食事、お風呂を、那由他桁有縁霊と楽しんだ後
五 済度の晢法のまとめ
と済度三昧します)

※、昨日も、志願を順調に済度させて頂きました
感謝です

金沢済度
済度の中心地
済度の先生が住んでいる
霊的には、世界の首都になる金沢で
直接、済度の先生にお会いして
エネルギー、晢通力を貰いながら
真朝、朝の3時40分からと
朝の10時半
火曜日は、夜の8時から
済度させて頂きます
後は、すべて霊界にお任せです

○キク(菊、聞く、利く)の選んだ「記念日」○


●「晢カレンダー」2013年 日めくり


○キク(菊、聞く、効く、利く)の選んだ歴史的事件○

■ 誕生花 ■


キク(菊、聞く、効く、利く)の選んだ○お誕生日○

キク(菊、聞く、効く、利く)の選んだ■忌日 ■


キク(菊、聞く、効く、利く)が係わった縁

参考文献
「今日は何の日のメルマガ」
http://day.dictionarys.jp/modules/daily/





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
キク(菊、聞く、効く、利く)のメール番号
ennohana750kikusaidosakaeru@yahoo.co.jp



今日は何の日済度サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/kyouwa/kyowa.html

今がますますつくには・・・
http://ennohana.seesaa.net/


済度のサイト
http://www.geocities.jp/ennohana/saido/saido.htm

縁の花サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/

posted by キク(菊、聞く、効く、利く) at 15:26| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。